2695円 ミセラー技術で毛穴汚れをオフし潤いキープ ビタミンC配合のスキンケアクレンジング洗顔料 ララビュウ ホワイトCクレンジングミルクEX 150ml お買い物マラソンP10倍 美容・コスメ・香水 スキンケア クレンジング クレンジングミルク ミセラー技術で毛穴汚れをオフし潤いキープ 再再販 ビタミンC配合のスキンケアクレンジング洗顔料 ララビュウ ホワイトCクレンジングミルクEX お買い物マラソンP10倍 150ml 2695円 ミセラー技術で毛穴汚れをオフし潤いキープ ビタミンC配合のスキンケアクレンジング洗顔料 ララビュウ ホワイトCクレンジングミルクEX 150ml お買い物マラソンP10倍 美容・コスメ・香水 スキンケア クレンジング クレンジングミルク ミセラー技術で毛穴汚れをオフし潤いキープ 再再販 ビタミンC配合のスキンケアクレンジング洗顔料 ララビュウ ホワイトCクレンジングミルクEX お買い物マラソンP10倍 150ml ビタミンC配合のスキンケアクレンジング洗顔料,2695円,ミセラー技術で毛穴汚れをオフし潤いキープ,お買い物マラソンP10倍,/Cayubaba912422.html,ララビュウ,150ml,studio5india.com,美容・コスメ・香水 , スキンケア , クレンジング , クレンジングミルク,ホワイトCクレンジングミルクEX ビタミンC配合のスキンケアクレンジング洗顔料,2695円,ミセラー技術で毛穴汚れをオフし潤いキープ,お買い物マラソンP10倍,/Cayubaba912422.html,ララビュウ,150ml,studio5india.com,美容・コスメ・香水 , スキンケア , クレンジング , クレンジングミルク,ホワイトCクレンジングミルクEX

ミセラー技術で毛穴汚れをオフし潤いキープ 再再販 ビタミンC配合のスキンケアクレンジング洗顔料 ララビュウ ホワイトCクレンジングミルクEX 発売モデル お買い物マラソンP10倍 150ml

ミセラー技術で毛穴汚れをオフし潤いキープ ビタミンC配合のスキンケアクレンジング洗顔料 ララビュウ ホワイトCクレンジングミルクEX 150ml お買い物マラソンP10倍

2695円

ミセラー技術で毛穴汚れをオフし潤いキープ ビタミンC配合のスキンケアクレンジング洗顔料 ララビュウ ホワイトCクレンジングミルクEX 150ml お買い物マラソンP10倍



商品説明
販売元有限会社潤子ララビュール

お問い合わせ
info@larrabure.co.jp
内容量内容量 150ml
朝晩使用して約1.5ヶ月
使用方法●使用方法:パッケージ裏面に情報記載
◇3~5プッシュの量を手のひらに取り、直接顔にのせます。指の腹で軽くクルクルとなじませ、メイクの汚れを浮き上がらせながら同時にマッサージもしていただけます。その後、ぬるま湯でよくすすぎます。
又は、ぬるま湯で絞ったタオルなどで拭き取ることも可能です。
◇石けんや洗顔フォームでW洗顔する必要はありません。
◇朝の洗顔は少量でもご使用いただけます。
全成分●全成分:
水、ミネラルオイル、BG、トリエチルヘキサノイン、PEG-7(カプリル/カプリン酸)グリセリズ、グリセリン、イソノナン酸イソトリデシル、ソルビトール、ポリソルベート80、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、ガノデルマアンボイネンセエキス、ヒト幹細胞順化培養液、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、ヒアルロン酸アスコルビルプロピル、グルコシルルチン、エブリコエキス、ミツバアケビ茎エキス、サッカロミセス溶解質エキス、加水分解エンドウタンパク、ヒマワリ種子エキス、イリス根エキス、ヒメフウロエキス、レモン果皮油、ラウロイルメチルアラニンNa、パパイン、デキストリン、セタノール、カルボマー、水酸化K、セチル硫酸Na、PPG-4セテス-20、アセチルグルコサミン、トコフェロール、ステアリン酸エチルヘキシル、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、PG、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、イソステアリン酸Na、(ジイソステアリン酸/ポリヒドロキシステアリン酸/セバシン酸)ポリグリセリル-4、水添レシチン、バチルス発酵物、酢酸トコフェロール、カプリロイルジペプチド-17、メチルパラベン、プロピルパラベン、フェノキシエタノール、PEG-40水添ヒマシ油、ブチルパラベン、エチルパラベン、ソルビン酸K
使用上の注意◇お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。
そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
(1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合。
(2)使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合。
◇傷、はれもの、湿疹等、異常のあるときは使用しないでください。
◇目に入らないようにご注意ください。もし入った場合は、すぐに、水またはぬるま湯で洗い流して、専門医にご相談されることをおすすめします。
●保管及び取扱いの注意
◇保湿保持のため極端に高温または低温の場所、直射日光の当たる場所には保管しないでください。
◇幼児の手の届かない場所に保管してください。
区分 製造国化粧品
日本製 

ミセラー技術で毛穴汚れをオフし潤いキープ ビタミンC配合のスキンケアクレンジング洗顔料 ララビュウ ホワイトCクレンジングミルクEX 150ml お買い物マラソンP10倍

株式ランキング

現在値 前日比 値上率 予想株価
1 292.0 +59.0 +25.32% 278
2 1,532.0 +300.0 +24.35% 1,133
3 2,044.0 +359.0 +21.30% 1,466
現在値 前日比 値下率 予想株価
1 3,050.0 -565.0 -15.63% ---
2 2,302.0 -398.0 -14.75% 2,737
3 1,469.0 -221.0 -13.08% 1,443

マーケットニュース

ヘッドライン

  • 今日 16:59
     週明け23日の東京株式市場は、日経平均株価が前営業日比480円高の2万7494円と3日ぶりに急反発。全体相場が調整色を強め、週末にダメ押し的な下げがあった週はその翌週明けに急反騰に転じるケースが結構な頻度で出てくる。日経平均が下げる理由には事欠かないが、実際は急落した日に絶対的な下げの理由があったかといえば、後日振り返ってそうでもなかったと感じることも少なくない。今回もそのケースだ。先物を導線に無人の高速エレベーターが上下する。とりわけ市場参加者が限定され流動性が低下した夏枯れ相場では、アルゴリズム主導で頻繁に起こりやすくなる。  前週は「トヨタショック」が槍玉に挙げられていたが、きょうは何が変わったのか明確な答えはない。市場では、トヨタショックは通期の生産台数見通しを下方修正していないにも関わらず思惑先行で売られ過ぎたからその反動で買われたとするが、「思惑先行で売られ過ぎた」というのはきょうの同社株のパフォーマンスを見たからいえる理屈である。また、横浜市長選で菅氏が支援する候補が大敗を喫したから、目先悪材料出尽くしで買われたというような曖昧な理由も後講釈の域を出ていない。横浜市長選の結果は株価が急落した場合でも理由として十分過ぎるくらい使える。結局、今の相場は“やじろべえ”のように奇妙なバランスで揺れているが、今のところ指から滑り落ちることはない。日経平均は大きく下押せばリバウンドに転じるし、急騰すればその反動が早晩訪れるというボックス圏での推移と割り切って考えておくよりない。波動は違っても個別株も同様の理屈である。  ただ、今回の横浜市長選は新たな潮の流れを発生させた。立憲民主党が擁立した山中氏が大勝、菅首相が全面支援した小此木氏が敗北を喫したことは、今後の政局不安の火種となるというよりも菅首相の無投票再選のシナリオを消し、9月の総裁選実施をほぼ確実にしたということが実はプラス面として大きいという見方もある。9月17日公示、29日投開票の線が濃厚となっているが、いずれにしても“次の首相”が誰になるかにマーケットの関心が向くなか、自民党にすればうまく立ち回れれば、総選挙で勝てないまでも大負けを回避できるという思惑がある。  高市早苗氏か下村博文氏か岸田文雄氏か。「麻生、安倍の両派閥が推しやすいという点では高市氏が有利にも見えるが麻生・二階氏は安泰で傀儡政権のイメージが強い。国民目線で失点の少ない岸田氏が有力に見える。また、菅氏本人も続投に意欲をみせているという声も聞かれるなか、今のところ選挙がどういうシナリオで走るのか読み切れない」(準大手証券ストラテジスト)という。  また、今週はパウエルFRB議長の講演に世界の耳目が集まる。26~28日の日程で行われる予定だったジャクソンホール会議は、コロナ禍でオンライン開催となり、日程も27日の1日間に短縮された。だから注目度が低まったということではないが、パウエルFRB議長の講演はこのタイミングで敢えてテーパリングの開始時期についての言及は避ける公算が大きいという見方も強まっている。9月のFOMCでもテーパリング開始を宣言するには至らず、「デルタ株の影響で超金融相場の賞味期限という点では従来よりも伸びたという印象がある」(前出のストラテジスト)とする。  個別株もきょうは全面高に買われたが、そのなか再び海運株への物色人気が目を引いた。前週後半にわずか3営業日で1000円以上も下落した日本郵船だったが、PER2倍台で9%の配当利回りというのは、バリュエーションで考えれば見送る理由がない。23年3月期がどうなるかは分からないが、今はまだそこを気にする段階ではない。押し目買い対象として、大手海運株は今後も常に目を配っておきたい。  中小型株では人工知能(AI)やデジタルトランスフォーメーション(DX)などの銘柄が値ごろ感から仕切り直す動きが目立ってきた。TDCソフト、アイエックス・ナレッジ、NECネッツエスアイなどのシステムインテグレーターのほか、AI関連のシンボルストックであるブレインパッドが動意含みだ。  あすのスケジュールでは、東京パラリンピック開催(~9月5日)、7月の全国スーパー売上高など。なお、ジャスダック市場にタンゴヤが新規上場する。海外では、7月の米新築住宅販売件数など。(銀) 出所:MINKABU PRESS ...続きを読む

株価指数・通貨

期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年

日経平均

15:15
買い 売り
27,494.24
+480.99(+1.78%)
109.94
+0.21(+0.19%)

マーケットカレンダー

08/22  〜 08/28

22
23
24
25
26
27
28

初心者おすすめ記事

最近見た銘柄
銘柄名 現在値 前日比
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介